上司と行く出張

【一緒に行きたくない】上司と行く海外出張の同行で注意すべき点3選

上司と出張同行での注意点

上司と一緒に出張に行くのって緊張しますよね。
私は会社で毎日顔を合わせる上司2人と一緒に月1ペースで海外出張に行って商品の買い付け業務をしていました。

回数を重ねても慣れることなんて全然なくて毎回の出張では常に緊張をしてたんです!

場所は変われど、会社での業務に代わりはないですよね。上司と共にする時間が長いからこそ、ふとした時に気が緩みがちになってしまいます。

油断は禁物!上司というものは、その一瞬の行動も案外覚えているんです!!

でももう大丈夫!上司に一瞬たりとも隙を見せない出張同行時に注意しておくポイントをお伝えしますね!

上司との出張同行はコミュニケーションが鍵!注意すべき点3選

important-point-3

上司と一緒に出張へ行くことになったと決まった時、あなたの心の声はどんな言葉を発しましたか?

ユナ
うれしい?イヤ?いろんな感情がありますよね!

私の本音は、自分のやりたい仕事を任せられたので素直にうれしい!という思いは強かったですよ。

でも、やっぱり出張はツライです。ほとんどの時間が上司と一緒なんて嫌ですが、決まったらやるしかないと思って腹を括って挑みました!

余程の事情がない限り、上司があなたのことを物凄く嫌いであれば、一緒に出張に行くことはありません。

上司と出張に行くメリットは

・自分のことを上司によく知ってもらう
・上司に仕事の取り組みについてアピールできる

仕事面では大きなチャンスなのです。
出張で良い結果、良い動きをすればあなたの評価はグッと上がること間違いありません!

1、疲れた時こそ、仕事の愚痴は厳禁

何日も出張で上司と一緒に行動していると、うっかり本音や愚痴も出てしまいがちです。

上司との食事の回数を重ねて気が緩んだときに文句の一つや二つこぼしたくなりますが、そこはグッと我慢です。

2、ボーッとするのは禁止!先を読んで行動する

ペン、メモ、など業務に必要なものはバッグからすぐ出せるようにあらかじめセットしておきましょう。

買付で市場に行くときには、タブレットなどで情報を入力することもありますが、発注書など用紙とペンが必要な場合も多数あります。

またメジャーで計測したものをメモする場合もありますし、メモ係に徹することはもちろんです!

上司がメモをしたい場合もありますので用紙とペンをさっと出せると良いですよ。

3、仕事に対するを想いをしっかり伝える

上司との距離感や間柄によってどこまで踏み込んでコミュニケーションが取れるか、という問題はあると思います。

あなたがどんな想いや やりがいを感じたくてこの仕事を選んだか。ある意味入社前の面接をイメージしながら仕事への熱意を伝えられると良いです。

会話の中で、上司の仕事に対する想いをリサーチしてみるのもいいですよ!

上司がこれまでどんな功績を残したのかも含めて過去に大変だった事や仕事にやりがいを感じた時のエピソードを聞いてみるのがおすすめです。

出張が終わり、普段の業務に戻った時にグッと距離が縮まり信頼関係を築くことができますよ。

出張では仕事の評価を上げて上司から『えこひいき』をしてもらおう!

上司と行く海外出張の同行で注意すべき点3選

「えこひいき」をしてもらう、と書くと良い印象がしないかもしれません。

でも上司も人間で、あなたと同じく感情がありますよね。

一緒に働く部下が自分のことを理解して、仕事のこともテキパキこなしてくれるというのは上司にとっても心強い存在になるのでは ないでしょうか。

明らかにほかの部下の方があなたより能力がある場合は難しいかもしれません。

ポイント

あなたと同じぐらいの能力の部下が多い場合には、重要なポジションを任せられる可能性は大いにあります。ぜひ えこひいき 』をしてもらえる存在になりましょう。

会社にもよると思いますが、私が勤めていた会社の場合は 出張での立ち振る舞いも仕事の評価に大きく繋がっていました。

普通に仕事をしていても評価がされにくい環境でしたので、私にとって上司と一緒に行く出張は自分の評価をあげるチャンスでもあったのです。

ユナ
月1回のペースで上司と韓国出張を共にしていた結果、会社では史上最短で管理職に昇格することができたんです!

私に特別能力があったから昇格ができた訳ではなく、私が実践したのは「最高の気遣い」です。

私が思う『最高の気遣い』とは?

・上司と同じ目線で考えられる部下になること
・上司より先に行動をする

上司より先に仕入れ商品の値段や納期を確認したり、撮影する洋服の準備、実際に自社で商品を展開するタイミングなどの提案していましたよ。

上司の想いを理解しているからこそ、信頼を得ることができたのです。

上司と一緒に行く出張同行には緊張が付き物、リラックスして挑もう

important-point-2

上司との出張中では一日の任務が終わり「お疲れ様でした!」と言ってホテルの部屋に戻り、業務から解放された瞬間が一番ホッとします。

どんなに好きな仕事でさえ、1日中歩きっぱなしの市場の買い付け業務に朝昼晩と3食全て上司と共に食事をするの精神的にも疲れます。

心も体も疲れているので今日頑張った自分を、たくさん褒めて癒してあげましょう。

私が実践していたリラックス方法

 

入浴後に甘いコーヒーとお菓子を堪能する


お気に入りで毎回持って行っていたコーヒーはブレンディのカフェオレ、スティックタイプです!

小分けになっているので持ち運びがしやすいんです。もう少し苦いタイプのコーヒーもあるので海外でも日本と同じ味を楽しめます。甘い味のコーヒは癒されます。

ユナ
日本からブラスチックの大きいマグカップを持参して、たっぷりのお湯を入れて飲むのが大好きです

お菓子は甘いお菓子としょっぱいお菓子を日本から持参していました。チョコレートは溶けそうなのでロータスの甘いビスケットとじゃがりこが定番で毎回持って行っていました!

韓国のコンビニで買うこともありましたが、コンビニに行く時間がない場合もあるので必ず日本がら準備していました。

他にも韓国の取引先でお菓子好きな方が数人いたので、マーケットオーのブラウニーを頂いたり、一時期大人気で入手困難だったハニーバターチップスを頂いたりしたので食べたりしましたよ。

好きな動画やコンテンツを見る

ホテルではWi-Fiが繋がっているので、ユーチューブや配信動画も自由に見ることができました。

毎日1時間ぐらいしかゆっくりできなかったので、PCやタブレットは持って行かずスマホのみで視聴していました。

ホテルでは地上波のテレビ番組しか見られないので、あらかじめ日本で動画配信サービスなどに入会しておくと、韓国でも自分の好きな動画を視聴することができますよ。

ホテルの部屋では仕事のことを一切考えない

出張中は頭をフル回転させているので、ホテルに戻ってからも仕事のことを考えると疲れがなかなか取れなかったんです。

明日のことは明日考えるようにしようと割り切っていました。

少しでも仕事から解放されると心と頭の中もリセットされ、また次の日も頑張ることができましたよ!

上司と出張なんて胃が痛くなる...ストレスを溜めないコツ

important-point4

移動時間や食事の時間も常に上司と一緒に行動していると気が休まる時がありませんよね。

出張の過密スケジュールでホテルでの滞在時間が短かかった私が楽しみにしていたことは、飛行機に乗る前に日本国内の空港の免税店で化粧品を買うことです。

なんだかんだ言ってもやっぱり買い物大好き!免税店でデパコスが少し安く買えるのは女性ならばワクワクする人が多いのではないでしょうか。

メイク用品やスキンケア、出張に行く前から欲しいものをリサーチして出発前の買い物でストレス解消です!

ユナ
大量に購入したり重いものを購入すると機内に持ち込む荷物が増えてしまうのでほどほどにね!

ボディクリームやフェイスパックを持って行き、デパコスに包まれてテンションを上げてましたよ。

ゆっくり休む時間は少なかったけれど、また明日の仕事も頑張ろう!と自分へのご褒美のつもりで普段は使わない少し良いランクのものを使用していました。

まとめ

上司との出張は何から何まで一緒に行動することが多く疲れますよね。私はいかにして韓国出張を楽しもうかなと、仕事以外のことに目を向けるようにしていましたよ!

この出張を乗り切れば出張手当がもらえる!など出張に行ってよかったメリットを考えるのもいいですね。

心も体も疲弊する上司との出張は本当に嫌だし大変です。でもこんなに大変な思いをするのならば、ちゃっかり自分への評価に繋げていきたいですよね!

気分の切り替えが重要になってきますので、無理せずに頑張っていきましょう。

-上司と行く出張